【bizhub C250 iS / C300 iS 等 価格】リース料金・カウンター料金

Published at

2022年10月、コニカミノルタから新たなA3カラー複合機「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」の4機種が発売されました。「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」は、2019年発売の「bizhub C250 i」等の後継機種です。

旧機種に比べ、定価ベースで15万円~25万円ほど本体価格の値上がりがみられますが、躯体自体に大きな変更はありません。大きく変わったのは、「無線LANが標準搭載された」点です。「テレワーク」の導入が進む事業所なら、旧機種よりも新機種「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」をおすすめします。

今回は、新時代の働き方に対応したコニカミノルタのA3カラー複合機「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」の価格、リース料金、カウンター料金をご紹介します。

なお、「コピー機・複合機のリース料金相場」記事や、「複合機のカウンター料金相場」記事もご参照ください。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

 

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】の価格相場は?

【bizhub C250 iS / C300 iS 等 価格】リース料金・カウンター料金

出典:コニカミノルタ公式

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】本体価格

機種名 メーカー標準価格(税別) 販売価格目安
bizhub C250 iS 1,405,000円 約85万円
bizhub C300 iS 1,559,000円 約94円
bizhub C360 iS 1,790,000円 約108円
bizhub C450 iS 2,505,000円 約151円

コニカミノルタ【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS 】の定価は、140万円~250万円と、決して安くはありませんが、実際の販売価格は85万円~151万円の幅で推移すると見込まれます。

なお、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS 】は旧機種よりも定価ベースで15万円~25万円ほど値上がりがみられますが、実売価格としては10万円~15万円ほどの値上がりでおさまるのではないか、と考えます。

いずれにしても、販売価格は、販売業者間の競争原理によって決定されます。コニカミノルタの【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS 】の価格が気になる方は、ぜひ当サイトへお問合せください。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

 

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】のリース料金相場目安

【bizhub C250 iS / C300 iS 等 価格】リース料金・カウンター料金

出典:コニカミノルタ公式

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】リース料金相場

機種名 メーカー標準価格(税別) リース料金相場(月額)
bizhub C250 iS 1,405,000円 約1.5万円
bizhub C300 iS 1,559,000円 約1.8万円
bizhub C360 iS 1,790,000円 約2.0万円
bizhub C450 iS 2,505,000円 約2.9万円

コニカミノルタ【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS 】のリース料金相場は、5年リースで換算して月額約1.5万円~2.9万円の幅で推移しそうです。

リース料金も本体価格ベースで考えますが、リース料率に左右されるため、上記はあくまで目安と考えてください。リース料率は、リース会社が販売先会社の事業規模や業績などをもとに決定するものです。

また、6年リースにする場合は、上記の月額リース料よりも安くなる可能性が高いでしょう。月々の支払がキツイ場合は、6年リースもご検討ください。

「自社にbizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iSを導入する場合、どのぐらいのリース料になるのか、気になる」という方は、ぜひ当サイトへお問合せください。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

 

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】カウンター料金相場

【bizhub C250 iS / C300 iS 等 価格】リース料金・カウンター料金

出典:コニカミノルタ公式

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】いずれの機種でも「カウンター保守」の導入が可能です。「スポット保守」も選べますが、複合機を故障でストップさせることなく稼働させたいという利用者の多くは、カウンター保守を選んでいます。(※詳しくは「コピー機・複合機の保守」記事を参照

コニカミノルタ公式サイトの「保守サービス」ページでは、カウンター料金を「チャージシステム料金」として案内しています。チャージシステム料金は、月間の出力枚数によって異なり、枚数が少ないとフルカラーで40円/枚もかかると記載されています。

が、実際のところ、カウンター料金の設定は各販売業者に任されており、コニカミノルタならカラー1枚12円、モノクロ1枚1.2円というカウンター料金が相場です。

なお、コピー機・複合機のカウンター料金は、印刷枚数が多いほど安く設定されることが多いため、見積もりの際には、「少な目の枚数」ではなく、印刷枚数が多い月の印刷枚数を伝えましょう。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】の特徴

それではここからは、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】の特徴をお伝えします。

 

無線LANが標準搭載された

2019年発売の旧機種ではオプション仕様だった無線LANですが、2022年10月発売の【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】には標準搭載されました。無線LANを標準搭載することによって、モバイルとの連携も各段に良くなりました。

そもそも、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】のコンセプトは「いつでも、どこでも、だれでも働ける環境づくりに貢献する」です。【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】なら、場所を選ばずに働ける仕組みを作れます。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

 

FAX出社はさせない!「おでかけファクスモード」

「いまだにFAX出社している」と、FAXに悩まされているという事業所の方も、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】なら大丈夫です。【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】では、「おでかけファクスモード」という無料のFAXアプリがあり、複合機に届くFAXをモバイルへ、また自宅のPCへと転送できます。

また、FAX受信による紙の出力量の多さも、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】は改善します。受信FAXを留め置くことができ、後から必要なFAXだけを印刷できます。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

陳腐化しない複合機

複合機の寿命(耐用年数)は、国税庁により5年と定められてはいますが、5年という期間の間にも技術はどんどん進歩します。また、複合機を使う側の状況も刻々と変化するでしょう。

心配されるのは、複合機の陳腐化です。コニカミノルタ【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】では、そういった現場の声に応えるべく、「Konica Minolta MarketPlace」を準備しています。

「Konica Minolta MarketPlace」から新しいアプリケーションを順次ダウンロード可能!陳腐化による業務効率の低下を防ぎ、リース期間最後まで「使える」複合機として機能します。

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】のスペック情報

それでは最後に、【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS】の中から代表して、bizhub C250 iSのスペック情報を掲載します。

▼【bizhub C250 iS】の基本スペック

機種名 bizhub C250 iS 定価(税別) 1,405,000円
発売日 2022年10月 カラー・モノクロ カラー
最大原稿サイズ A3 印刷速度(カラー) 25枚/分
印刷速度(モノクロ) 25枚/分 コピー
プリント FAX オプション
スキャン フィニッシャー オプション
自動両面 オプション Mac対応
メモリ・RAM 8GB HDD容量 256GB
読込解像度 600×600 dpi 書込み解像度 1800×600 dpi
ウォームアップタイム 13秒 ファーストコピータイム 6.9秒
機械占有寸法(幅×奥行) 937×688mm 重量 84kg

 

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

 

 

まとめ

今回は、2022年10月発売のコニカミノルタA3カラー複合機「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」の価格とリース料金、カウンター料金についてお届けしました。

  • 【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iSの価格相場】85万円~151万円
  • 【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iSのリース料金相場】月額約1.5万円~2.9万円
  • 【bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iSのカウンター料金相場】カラー12円/枚、モノクロ1.2円/枚
  • bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iSは、無線LAN標準搭載で、多様な働き方を支援するA3カラー複合機

 

当サイトでは、コニカミノルタ「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」のお見積もりをお出しできる業者を無料でご紹介いたします。

当サイトでご紹介する販売業者は、全て無理な営業をしない「優良販売店」です。ぜひお気軽にお問合せください。

相見積もりをとることで、コニカミノルタ「bizhub C250 iS / C300 iS / C360 iS / C450 iS」の販売価格は安くなります!

bizhub C250 iSシリーズの格安リースはこちら!

【参考サイト】

コニカミノルタ公式

国税庁

 

【関連記事】

「コピー機・複合機のリース料金相場」記事

「複合機のカウンター料金相場」記事

・旧機種「bizhub C250 i / C300 i / C360 i 」記事

・旧機種「bizhub C450 i / C550 i / C650 i /C750 i 」記事