【コピー機・複合機のリース料金相場】価格はメーカーや性能で違う!

Published at

コピー機・複合機の価格相場

 

複合機の価格

出典:京セラドキュメントソリューションズ

 

コピー機・複合機をリースで導入する場合は、毎月リース料金を支払う必要がありますが、リース料金の相場はいくらなのでしょうか?

コピー機・複合機の価格相場を把握しておくことで、導入の際に価格交渉がしやすくなることはもちろん、現在、リースで契約している複合機のリース料金が高いのか?安いのか?などを判断することができます。

今回は「コピー機・複合機のリース料金の目安や本体価格の相場」や「リース料金を安くするコツ3選」を紹介します。コピー機の導入を検討している方や、現在、リース契約をしている料金が妥当なのか?を判断したい方のお役に立てれば幸いです。

 

【性能別】コピー機・複合機のリース料金目安

コピー機・複合機のリース料金は「複合機本体価格とリース料率」で算出されます。今回は、各メーカーごとのコピー機(カラー)のリース料金の目安を性能別に比較しました。

 

[印刷速度20~30枚/分]リース(5年)料金目安

メーカー 機種の一例(カラー複合機) 印刷速度 月額リース料金の目安(5年)
キヤノン iR-ADV C3826F 26枚/分 27,000円
リコー IM C2500 25枚/分 27,000円
冨士フイルム
(旧 冨士ゼロックス)
Apeos C2570 25枚/分 26,000円
京セラ TASKalfa 2470ci 24枚/分 18,960円
シャープ MX-2631 26枚/分 25,000円

※複合機本体は標準価格、リース料率を2%と仮定して算出しています。

※搬入・設定費用、カウンター料金は含まれていません。

 

[印刷速度40~50枚/分]リース(5年)料金目安

メーカー 機種の一例(カラー複合機) 印刷速度 月額リース料金の目安(5年)
キヤノン iR-ADV C5840F 40枚/分 42,000円
リコー IM C4500 45枚/分 39,800円
冨士フイルム
(旧 冨士ゼロックス)
Apeos C4570 45枚/分 51,600円
京セラ TASKalfa 4054ci 40枚/分 30,000円
シャープ MX-4151 41枚/分 36,600円

※複合機本体は標準価格、リース料率を2%と仮定して算出しています。

※搬入・設定費用、カウンター料金は含まれていません。

 

複合機のリース料金を比較してみると、印刷速度20~30枚/分のリース料金目安は約19,000~27,000円、印刷速度40~50枚/分のリース料金目安は約30,000~50,000円であることが分かります。

また、メーカーごとに比較してみると、京セラやシャープは安く、富士フイルム(旧 富士ゼロックス)やキヤノン、リコーは高めの価格設定となっています。

 

【見積依頼】複合機のリースならスグ保守コピー機【全国版】

 

続いて、コピー機・複合機本体の価格相場を見てみましょう。

 

【性能別】コピー機・複合機本体の価格相場

コピー機・複合機(カラー)の本体価格相場を性能別に紹介します。

 

[印刷速度20~30枚/分]本体価格相場

印刷速度20~30枚/分の複合機の本体価格相場は約1,359,600円です。

各メーカーの価格は以下の通りです。

メーカー 機種の一例(カラー複合機) 印刷速度 本体価格の目安
キヤノン iR-ADV C3826F 26枚/分 1,350,000円
リコー IM C2500 25枚/分 1,350,000円
冨士フイルム
(旧 冨士ゼロックス)
Apeos C2570 25枚/分 1,900,000円
京セラ TASKalfa 2470ci 24枚/分 948,000円
シャープ MX-2631 26枚/分 1,250,000円

 

[印刷速度40~50枚/分]本体価格相場

印刷速度40~50枚/分の複合機の本体価格相場は約1,944,000円です。

各メーカーの価格は以下の通りです。

メーカー 機種(カラー複合機) 印刷速度 本体価格の目安
キヤノン iR-ADV C5840F 40枚/分 2,100,000円
リコー IM C4500 45枚/分 1,710,000円
冨士フイルム
(旧 冨士ゼロックス)
Apeos C4570 45枚/分 2,580,000円
京セラ TASKalfa 4054ci 40枚/分 1,500,000円
シャープ MX-4151 41枚/分 1,830,000円

 

複合機本体の価格も、京セラやシャープは安く、富士フイルム(旧 富士ゼロックス)やキヤノン、リコーは高めであることが分かります。

各メーカーによって、ここまで価格に差が出るのは何故でしょうか?以下より、リース料金や複合機本体の価格に差が出る理由を解説します。

 

【見積依頼】複合機のリースならスグ保守コピー機【全国版】

 

 

コピー機・複合機の価格に差が出る理由

コピー機・複合機の価格に差が出る主な理由は「性能」や「オプション」です

性能はFAX、スキャンの標準搭載など、搭載されている機能が多い機種ほど価格が高くなります。その他、速度やADF、給紙トレイの数、用紙サイズ、オプション(フィニッシャー搭載の可否)などによって、買取価格やリース料金が異なります。

ここで注目しておきたいポイントが、実際に複合機を導入する際には、本体価格に加えて、カウンター保守料金や搬入・設置費用などのコストが掛かることです。コピー機・複合機に掛かる毎月のコストの詳しい内訳を見てみましょう。

 

▼コピー機・複合機にかかる月額費用の内訳

  • 複合機本体の価格…機能、印刷速度、オプションによって異なる
  • リース料率…会社の規模、リース会社によって異なる
  • 搬入・設定費用…設置環境によって異なる(リース料金に含む場合もあり)
  • カウンター保守料金(カラー、モノクロ1枚あたりの価格で算出)…毎月の印刷枚数などによって異なる

 

搬入・設定費用の相場は約13,000~30,000円、カウンター保守料金の価格相場はモノクロ約2.0~3.0円/枚、カラー約15~20円/枚となっています(なお、月間の印刷枚数によってはモノクロ約1円/枚、カラー約10円/枚での契約も可能です)。

上記の価格相場を把握した上で、販売店に相談すると、お得に契約できる可能性が高まります。

続いて、さらにお得になる『コピー機の価格・リース料金を安くするコツ3選』を紹介します。

 

【見積依頼】複合機のリースならスグ保守コピー機【全国版】

 

コピー機の価格・リース料金を安くするコツ3選

コピー機・複合機のリース料金を安くするコツは以下の3つです。

 

  1. 価格相場を把握する
  2. 相見積もりをする
  3. 毎月の印刷枚数に合ったスペックの機種を選ぶ

 

価格相場を把握する

コピー機・複合機の価格相場を把握しておくことで、見積の値段が妥当なのか?を判断することができます。相場よりも見積価格が高い場合は、交渉することはもちろん、他の販売店に切り替える目安にもなります。

 

相見積もりをする

複数の販売店から見積もりをとることも、コピー機を安く導入するコツの一つです。相見積もりをすることで、値段の交渉がしやすくなり、定価・希望小売価格より、かなり安く導入することができます。

さらに、リース料金だけではなく、カウンター保守料金(カラーやモノクロの単価)も安くできる可能性が高いので、相見積もりは是非、実践しましょう。

 

毎月の印刷枚数に合ったスペックの機種を選ぶ

リース料金を安くするためには、コピー機・複合機の機種を検討する際に、毎月の印刷枚数に合った機種を選ぶことも大切です。

例えば、毎月2,000枚程度しか印刷しないのに40枚/分の高額な複合機を選んでしまうと、かなり損をしてしまいます。逆に、毎月5,000枚以上も印刷するのに20枚/分の複合機を選んでしまうと、印刷がスムーズに進まず、業務効率を低下させてしまう恐れや故障・不具合の原因になります。

毎月の印刷枚数に対して最適な複合機のスペックを以下の表にまとめました。

 

毎月の印刷枚数 複合機の推奨スペック
~1,000枚  20枚/分
1,000~3,000枚 20~30枚/分
3,000~5,000枚  30~40枚/分
5,000~7,000枚  30~40枚/分
7,000~  50枚/分

 

実際の業務の流れやコピー機・複合機の使い方によっては、不要な機能があったり、1ランク下のスペックでも問題ない場合もあります。

また、複合機を検討する際に、価格やスペックに注目することも大切ですが、万が一、複合機にトラブルが起きて印刷できなくなってしまった場合は、業務が止まってしまうリスクがあることも忘れてはいけません。

販売店を選ぶ際には、設置場所(オフィスの位置)から保守拠点までの距離や対応曜日・時間など、サポート面も重視して選びましょう。

コピー機・複合機のリースについてはコチラ!

【コピー機・複合機のリース】購入との違いやメリット・デメリットを解説

 

 

【見積依頼】複合機のリースならスグ保守コピー機【全国版】

 

 

まとめ

  • コピー機・複合機のリース料金や本体価格はリコー・キヤノン・富士ゼロックスが高くて、京セラ・シャープが安い
  • コピー機・複合機のリース料金や本体価格に差が出る主な理由は「性能」や「オプション」
  • コピー機・複合機の価格を安くするコツは「価格相場を把握する」「相見積もりをする」「毎月の印刷枚数に合ったスペックの機種を選ぶ」の3点
  • 販売店を選ぶ際は価格だけでなく、サポート面も重視することが大切